自分でやる

現代の日本は高齢化がすすみ自宅をバリアフリーに改装する家庭が多くなってきました。 しかし、バリアフリーとなると改装費用も高くつき躊躇する人もいるかと思います。 そのような時はバリアフリーよりお手軽にお年寄りが今まで以上に少しでも快適に過ごせるよう、手すりの取り付けをしてみてはいかがでしょうか。 手すりの取り付けを業者に頼むと費用もかさみますので、出来る箇所は自分たちで取り付けをしてみましょう。 インターネットで調べると、手すりの簡単取り付けセットというDIYセット商品も販売されています。 お年寄りがいる家庭はこのような工具を準備していると今後も活躍する場面が多々出てくるでしょう。 お年寄りが快適に過ごせて経済的にも負担が軽くなるようにDIYの手段も良いと思います。

では、実際に自分取り付けとなるといくら位で購入出来るのでしょうか。 ホームセンターに行くと、長さや素材など様々な手すりがたくさんあります。 当然、素材などで料金は変わってきますが玄関やトイレに取り付けるタイプの手すりだと一万円前後で購入出来るようです。 玄関やトイレに一つ手すりがあることで、お年寄りは随分とスムーズにそして楽になるようです。何より転倒防止など安全面から考えても手すりの役目はかなり大きいと言えるでしょう。 なかなか初めは自分で取り付けをすることに抵抗がある人は多いと思います。しかし、今はホームセンターなどでも細かく丁寧に教えてもくれますので聞いてみましょう。 手すりの取り付けを考えている人は業者に依頼せず、DIYでのチャレンジはいかがでしょうか。