コーティングの種類

窓ガラスに使われるコーティングには、貼るタイプのフィルムに加え塗るタイプの塗布剤も開発されています。どちらも断熱や遮熱、結露の予防といった効果の他にも、有害な紫外線が室内に入ってくるのを防ぐ目的で使用されます。 窓ガラスをコーティングするのに使う素材を、フィルムにするか塗布剤にするかで選択肢があるわけですが、これはどちらにもメリットとデメリットがあり一概にどちらがいいとはいえないものがあります。 なるべく安く済ませようというのなら、ホームセンターでも売っている窓ガラスのコーティングフィルムを購入して自分で貼れば費用も最小限でおさえられます。しかしフィルムでは耐久性に問題があり、すぐに剥がれてしまう問題がありました。 逆に塗布剤の方では耐久性や剥がれなどを気にしなくていい反面、専門の施工業者に頼まねばならず必要以上に費用がかかるのがネックとなります。

これまでの窓についての考え方は、紫外線や暑さ寒さが気になればカーテンを開け閉めして対処し、汚れればそのつど拭けばいいという考え方でした。しかし時代も移り変わり、より便利で快適な生活を求めるようになった結果、床や窓ガラスをコーティングして利便性や性能を向上させる方法を選ぶ人が増えたのです。 窓ガラスのコーティングをしておくと、これまでアナログで対処していた日当たりの問題や寒暖の問題を一気に解決してしまうことができます。掃除の問題ですらも、汚れたり傷がついたりといった回数がコーティングによって減るため、掃除の回数が減らせるともいわれています。 窓ガラスをコーティングするには多少の出費がいりますが、その分のメリットも十分得られます。窓ガラスコーティングの施工を考えている人は、一度業者に相談してみるなどして導入を検討してみてもいいと思います。